A transition of sorts, Musing, Thoughts

これは日本語です!

Mo,

Thank you for your post! I am so glad Midd is going well- it’s true: the anticipation to an event is generally SO MUCH more anxiety producing than the thing itself. I haven’t been very nervous about leaving for BC, but I find myself the night before departing, a little edgy… I get this way, at conclusions and beginnings of things- this feeling that everything is untied, that I have so much to do and also nothing at all. My solution is, of course, to bake a pie. Baking things + serial watching P&R = anxiety significantly reduced!

I have to be up at 4: 30 am tomorrow, so I’m going to keep this post short. 3 things:

(1) Mrs. Dalloway. Do you remember reading this in Foster’s class? Because: I don’t think any author has even come close to Woolf’s ability to make you feel the extreme pain and joy- the human up-and-down, that entirety- that can be contained within one precise living moment.

(2) Another poem, because I can never have enough of them. It’s called “The Quiet World”:

In an effort to get people to look

into each other’s eyes more,

and also to appease the mutes,

the government has decided

to allot each person exactly one hundred

and sixty-seven words, per day.

When the phone rings, I put it to my ear

without saying hello. In the restaurant

I point at chicken noodle soup.

I am adjusting well to the new way.

Late at night, I call my long distance lover,

proudly say I only used fifty-nine today.

I saved the rest for you.

When she doesn’t respond,

I know she’s used up all her words,

so I slowly whisper I love you

thirty-two and a third times.

After that, we just sit on the line

and listen to each other breathe.

–Jeffrey McDaniels

"The Quiet World"

It’s so simple, and so pretty. Jeff McDaniels actually taught me poetry at Sarah Lawrence that summer I did their creative writing program, and he read this poem for us.

(3) I love you, and I can’t wait to share with you stories about measuring alpine vegetation and telekinesis with hoary marmots (my parents could not stop laughing about the “hoary” part. Classic parents). Here is my address in BC:

c/o Round River

P.O. Box 91

Atlin, British Columbia VOW 1A0 Canada

And, since you are not supposed to read this, below is this entire post entered into Google Translate Japanese. Lol.

Much peace ❤ drewzz

***

MO、

あなたの記事をありがとう!ミドルセックスがうまくいっているので、メリー午前1時は、それは本当だ。イベントへの期待が、一般的にリヴァイアサン物事そのものを生産するので、ずっと不安である。 1、すぐに出発する前に夜少しエッジの効いた自分自身を見つける1、紀元前に向けて出発については非常に緊張していなかった···1はこの方法で取得し、結論と物事の始まり、彼はほどいすべてがこの気持ち、それは1ですので持っているまた、やるべきことと、全く何も。私の解決策は、もちろん、パイのパン屋に、である。ベーキング物事+ PとR =不安を大幅に削減シリアルましょう。

1は4で、最大でなければならない:30 AM明日なので、私は、短いこのポストを維持するつもりです。 3つの事:

(1)ミセスダロウェイ。あなたはフォスターのクラスでこれを読んで覚えていますか?選出されているため:1これらのイベントのすべてに責任はないと思うが、あなたは、AB上下·痛みと喜びと行の終わりを分割作るウルフの能力に近づく、that’s – その正確なリビング全体の重要性の一つに収容することができるだ。

1 ‘sはそれらを十分に持つことができるため(2)もう一つの詩は、選出された。それは「世界の静かな “と呼ばれています。

一時停止、または取得するために人々が見て
もっとお互いの目に、
また、変更をなだめるために、
政府が決定しました
一人一人を割り当てると正確に百
日ごとと67個の単語、。
電話の着信1は私の耳にそれを置くとき
戦争あなたなし。レストランで
チキンヌードルスープで1点。
1新しい真っ逆さまによく調整しています。
夜遅く、私の長い距離ラブコール1、
誇らしげに1だけ五十から九今日使わ言う。
1はあなたのための残りを救った。
彼女が応答しない場合には、
1彼女は彼女のすべての単語を使用し知っている、
5月1日はゆっくりと1木星あなたをささやく
三〇から二と第三回。
編集後、私たちはライン上にあってもよい
ブリーザお互いに耳を傾ける。

– ジェフリー·マクダニエル

それはとても簡単に、そしてとてもきれいです。ジェフマクダニエルは、実際に彼らの創作プログラムをした版の夏の1サラローレンスで私に詩を教え、彼は私たちのためにこの詩を読んでください。

(3)1木星あなたを、そして1は(私の両親は「使い古さ “の部分については笑いが止まらんでした。クラシック両親を)あなたと使い古さウッドチャックと高山植生やテレキネシスを測定についての物語を共有するために待つことができない。

そして、あなたは牛なしでこれを読むことを想定していないか、この全体のポストは英語をGoogle翻訳に入力されます。 LOL。

Advertisements
Standard

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s